子供の視力矯正の為にコンタクトレンズを使うのはどうなのでしょう? 年齢や生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)にもよるでしょうが、できれば避けた方が無難かもしれません。 さいきんでは、コンタクトレンズはメガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)以上に普及しており、誰でも簡単に視力矯正できると勘違いしがちです。 中には、メガネをしたくないからコンタクトレンズを選ぶという人もいるでしょう。 でも、コンタクトレンズは便利な反面、危険なものでもあります。 おしゃれ用のカラーコンタクトが原因で、失明したという話を聞いたことはありませんか? 実は、カラーコンタクトに限ったことではなく、医療用のコンタクトレンズでも、失明したり、眼病を患ったりするリスクがあります。 それに、コンタクトを付け続けることによって、角膜が薄くなってしまうので、20歳を過ぎてレーシック手術を受けようとしても受けられないケースもあるかもしれませんね。 コンタクトレンズはメーカー(ざっくりと分けると二種類あります。オリジナリティ溢れる独自の商品・製品を作っているところと、他社の商品・製品をコピーしているところです)が推奨している使用法で正しく使用したとしても、リスク(会社経営などではしっかりとマネジメントすることが大切です)やデメリットをゼロにできるわけではありません。 まして、きちんと洗浄しなかったり、装着時間を守らなかったりすれば、いつ眼病を患ってもおかしくないのです。 お子さんにコンタクトレンズ(正しく使わないと、目のトラブルの要因になってしまいます)を使わせるのでしたら、メガネと併用してコンタクトは必要最低限の時間だけに留めて、少しでも目に異常が起きたらすぐに眼科を受診させて下さいー